勃起不全本当に辛い。

勃起不全というのはなったことがある人でないとわからない症状だと思います。急に立たなくなるというのは本当に恐ろしいものなのですよ。徐々に立たなくなったとか年齢とともにゆっくりと症状が出てきてならまだしも納得できるのですが、朝起きて急に立たなくなったり、セックスのときとかでも興奮しなくなったり、仮に興奮してたとしても勃起ができなかったりすると本当に失望ししまうものです。

 

なったことのない方にとっては、ただ単に下半身が弱くなったのではないかと思い精力剤をとれば大丈夫だろうと言う人がいますが、そういう訳では無いのです。体がすこぶる元気であっても、やらしいことばかり考えてるにもかかわらず、実際本番になると全く身動きが取れないことは、若いときには考えられないでしょう。

そういう感じの感覚が勃起不全なのです。まるで自分の体とよその体とが入れ替わったような感覚になるのです。

 

これ以上辛いものないのではないでしょう。たかがペニスが立たなかったからといってそんな大げさなと思われるかもしれませんが、それは健康状態が維持されているからこそそう思うのであり、人間できるものができなくなったと言うほど辛いものはありません。しかも人間の性に関わるものは本当に辛いものです。

そこをないがしろに考えてるものはいずれ勃起不全になるのではないかと私は思っています。私は別に自分がそうだからという訳では無いのですが、勃起不全になったことがないととしても、周りから言われる言葉は辛いことが多いようになる感じられるのです。