小料理屋のような地味な精力剤

いろいろな精力剤のタイトルを見ていると、どれもがなんだかすごく効果があるような感じがしますよね。

特にこちらが藁をもすがる思いで、必死になって精力剤を探してるときというのはどれもがどれも全て魅力のように感じるのです。

また文字などもそういったこちらこをそそるような文字が書かれてあると、ついつい手を伸ばししまいがちになります。

またこういうパッケージは赤か黒かどちらかだと思いますか、その中にゴールドなど目を引くようなものが色付けされているのでインパクトがすごい与えられるのです。

こんなときにすごく地味なパッケージだったらどんなに効くものでもきかないと思ってしまうかもしれませんね。

しかし本当に効くような精力剤ならわざわざパッケージを大々的にアピールしなくても、どこかの秘密の小料理屋のように口コミで広がっていくような気がするのは私だけでしょうか。

美味しいものは美味しい、うまいものはうまいという形で広がっていくので店は売れていくのでしょう。

精力剤も同じような感じはしないのでしょうか。こういった点をいろいろ考えていくとクラチャイダムなどもシトルリンXLなども同じようなことがいえるのではないかと思います。つまり知る人ぞ知るような精力剤。

そんなイメージがあると思いますが皆様と思いますか。

本ものだからこそあえて大きなことを言わないものだからこそ、知ってるひとだけ知ればいい。そんな感じがする精力剤だと私は常に思っています。